2008.12/31  大阪 我孫子 BEAT IN

明けましておめでとうございます。
本年もまたググッとズズィっとよろしくお願いいたします。

そんな訳で、昨年末のレポです。

さすがに大阪と言えども寒いっ!、ミョーに空気が乾いてた。
ひょっとすると群馬以上だったかもしれない、外歩くと唇カサカサ。
アバヨ!ばりにリップクリームを多用、、(割れると歌う時イタイので)。
大晦日、今回の会場は地下鉄のあびこ駅からあびこ筋をちょろっと歩いてほんの1分、BEAT IN。
この季節、駅から近いのは非常に助かります、うん。
到着して程なくリハ開始、やはり初めての場所はいつも手探りなんだが、
フロアモニターのバランスを掴むまでにちょっと時間かかってしまったな、、
こうか?違うか?に付き合ってくれたマスターに感謝。
今回はCota氏主催のライヴ(企画名は思案中?)で20代の若者が多い。
なにげにオレは一番年寄り、、ないなぁ、ない、最近こんなのめっきりなかった 笑。
開始直前には客席も埋まり、賑やかな雰囲気に。
f0059716_1342172.jpg


■マサト
11月の駅前ライヴの時も思ったが、一気に成長した印象。
少しフェミ向きな今っぽい曲構成を軸に、「なんか違う」のようなユーモア毒のある
ナンバーで緩急をつけていた。彼が狙っていたかは解らないけど、競演者に
しっかり気合いと緊張感くれたね。イベントとしても良いスタート切った感じ。
f0059716_1343565.jpg


■武本貴広
独特の間を持ってるねぇ、マッタリとグイグイを上手く使って観客を巻き込んでた。
歌詞は暗く、曲はポップに、と語っていたんだけど、演奏も詰めるというよりは
鮮度、、イキの良い熱さ、と感じた。このあたりも路上演奏で培った経験なのであろうか、
常に全力で楽しみますよ!という心意気がよく伝わってきた。
f0059716_1345046.jpg


■東
今回初めて競演、若いのに何故か80年代HRが好きらしい。
なるほど曲の雰囲気はその辺りの風を受けた一頃のJ-POP的、聴きながら妙に納得。
弾き語りでシャウトする事にどこかイケナイ事してる感覚があるようだけど
そんな事はまるっきりない! オレの周りはそんなんだらけ 笑。
でも、そう言ってたワリに気持ち良さそうに吠えてたなぁ。 
f0059716_135239.jpg


■アライコウジ
実際、若者達のステージから意識はビシビシ感じてた。ここんとこやってる
MC代わりの即興歌で開始、空気が馴染んで来たトコでゆったり5曲程演奏してきた。
ラストは「カナリア」、6弦が無くなり、、4弦が無くなり、、モーリスはほぼ打楽器と化したな 笑。
先日の駅前では使えなかった 囁きから吠えの繰り返しはコレでもか!って位やったと思う。
f0059716_1352023.jpg

「歩け!」で 武本氏、Cota氏が参加。 こういうのは久々、楽しい時間だった。
f0059716_1353157.jpg


■Cota(主宰)
大阪に移ってかれこれ3年目? 時が流れるのは早いなぁ。
以前のオリジナル曲もダーティに打ち直しされていて、骨太で"ロック野郎"な
一面が垣間見えるステージになっていた。本人は出し切った、と語っていたが
オレの中には過渡期という印象が凄く残った。まだクルね~、このヒト。
そんなわけで、今回は主宰オツカレ様、また是非やろうぜぃ。
f0059716_1354413.jpg

●ミウラ"SUM" (飛び入り)
実はオレが以前デモCDを作った時にハープで参加してくれていた。
記憶が正しければ5年ぶり位のステージじゃなかろうか。
あぁ、久しぶりにSUMちゃんだな、という歌声を聴かせてくれた。
f0059716_1355531.jpg

●檸檬 (飛び入り)
地球のカビ、ロケンレロレロという両極端な選曲、女性客にやたら好評だった。
すげぇ緊張したらしいが、うまく演りきってた。
f0059716_136547.jpg

■カウントダウン~2009年を迎えると同時になんでもアリのセッション大会。
SUM氏はココで本領発揮。オレはなんと、、ドラム 何年ぶりだろう 笑。
 バカスカやってたので聞き取ることは難しかったけれど、
フロントマン達は、お客さんも巻き込んでそれぞれ今年の抱負を歌ってた。
とてもイベントしていて楽しかったな。
f0059716_1364454.jpg


●BEAT INマスターを囲み、記念撮影。おつかれさまでした!!
f0059716_1365780.jpg

[PR]
by ko_roughmix | 2009-01-03 01:37 | 音楽のこと
<< 2009 1/11 前橋Coo... ヨイお年を!! >>