2009 3/13日 前橋CoolFool 遠藤ミチロウLive

梅の花が咲き始め、あぁ春かもねぇ、なんて思う今日この頃。
...などと時々ここで季節について記しているのだが、これで1年も経って
改めて読んでみると結構役に立ったりする、ブログってのはなにげに偉大だね。

さて、久々の平日ライヴ、朝5時に起き仕事をチャッチャと片付け...
いや意外にもスンナリ終わってくれた。
おかげで入り時間前に"やすらぎの湯"でひとっ風呂浴び(もう恒例です)、
多少の寝不足はあるもののリラックスして会場入り出来ました。
f0059716_1484339.jpg

しばらくすると遠藤ミチロウ氏とドラマー土田氏到着、リハ突入。
マスターアツシさんセッティングに集中!
f0059716_149581.jpg

2本のシグネイチャーモデルをゆっくり目覚めさせる遠藤氏、イメージとは裏腹に
非常に楽器を大事に優しく扱うお方だ。スピーカーの位置を変えたりして土田氏と全体のバランス
を取っていく。(これ書いていいのかな?)不思議なんだけどサブギターの方がリッチに
鳴っていたんだよね、メインの方が詰ってる感じ、でもストロークし出すとメインの方が馴染むんだな。
...ちょっとヒントを貰った気もします。
f0059716_1491758.jpg

そして開場、平日という事もありお客さんの出足も気になったが
はじまる頃にはしっかりと席も埋まり徐々に緊張感が漂い出す。
上手く言えないけど、何だか身体が覚えてるような、懐かしい感じ。

■アライコウジ
本番開始。実は意外だった、客席の反応。すんごい良く聴いてくれてるのが解る。
全然曲がってないんだな、これが。ミチロウファンは純粋だぜ、感謝。
少し力んで映ったらしいけど、なんかたぶんその状況が嬉しかったんだな、オレは。
とても気持ちのいい時間を過ごさせて頂きました。
f0059716_1493378.jpg

■一人下僕
何気にココではよく遇うVo小此木生死、毎度掴めなくて面白いヤツ。
通路(控室?)で聴いていたが、バンドの紅一点、五十嵐むつみ嬢のベースがやたらカッコイイ。
弦が芯から鳴ってるような、音だけ聴いてたらゴツイ大男みたいだ、ギャップに驚く。
ドラマーロンリーウルフは少しイメチェン、イケメン風になってた、少しモテタイらしい、いいぞ。
だがこの夜は圧倒的に野郎比率が高かった、ね。
ギター草間蜥蜴、観る度に見た目もプレイも渋くなっていく、話すとニコニコしてイイヤツなんだ。
f0059716_1494793.jpg


■遠藤ミチロウ
そして主役登場。初めて見る遠藤ミチロウ氏のライヴ、恐らく新旧を織り交ぜながらの
構成と思うんだけど、いや流石、ルーツと思える瞬間が幾つも刺さって来た。
必殺バキュームシャウトやノリのいい曲もガンガン聴かせてくれた、
もうなんだかギター弾くのがただひたすら楽しかった昔みたいな気分に、、
要は単に嬉しくさせられてしまう。同時に全体の緩急に凄く気を配ってるのが
伝わって来たなぁ、バラードがとても"生きて"響いていたし。
f0059716_1410337.jpg

「ベトナム伝説」に参加されている土田猛氏を迎えての演奏、セッションに近い雰囲気の
曲でも歌を大事にしてる渋いドラミングでした。
f0059716_14101658.jpg

途中ふと、遠藤氏に影響を受けたであろう某氏のライヴを思い出して(これ、この感覚~!)
と毎度勝手な納得をするオレでした。

●終演後の記念撮影。 
f0059716_14125058.jpg

楽しい夜でした、参加の皆様、呼んでくれたアツシさん、協力してくれたあしみちくん、感謝!
[PR]
by ko_roughmix | 2009-03-14 14:14 | 音楽のこと
<< 3/28 足利GOKURAKU... 2009 2/28 高円寺・無... >>