「ほっ」と。キャンペーン

きまぐれ振り返り。

特にやめるという感覚もなかったけれど一年以上か、久しぶりにこの画面を見た(笑)
つらつら眺めながらこの間、何があったかなぁ?なんて思いながら振り返ったり。
あぁこの人はもういないんだなとかこの店はもうないんだよなとか
ここからこの人はこんな風になって行ったなとか、色々変わったようなそうでもないような。
こういう秋の夜長に静かにハマ(れ)る感覚はツイッターにはないな、なんて思い出した。
だからといって以前のようなペースで記して行こう、とも思わないんだが。

とりあえずこの9月から思い出してみよう
そもそもはニコニコで知り合った名古屋のドクロバニーのお二方と庄内川の公園で遊ぶ。
一見打ち込みも駆使したネット界隈で活動をする人なのだが実はすごく一発撮(録)りに
こだわっていて驚かされる、録画後の編集やオーバータブ等もナニソレ?
上手く出来るまで気長に何度もやるさ、っていうスタンスがとても好き。
この日はオレの「歩け!」を覚えてきてくれて一緒に演奏させてもらった、お日様の下、楽しかったです。
http://ameblo.jp/dokurobunny/entry-12075702876.html

8月、GOKURAKU-YAが閉店してしまった。マスターが体調を崩され不在となった後も
弟さんや鹿山クン達(ここで言ったらイカさんバンドの面々)が懸命に引き継いでくれていた。
最後のオープンマイク(8/14日、最終の営業は次の週までだった)に大阪からそっこー移動して参加。
足を痛めている足利みちろうクンやお馴染の重兵衛ちゃんら同学年チームも揃って楽しく
遅くまで浸った夜だった。まだ心がポッカリ、しているなぁ、復活を祈っている。

8月8日、虫の音7周年でオープンマイク、オレはオリジナル曲を歌わずアニメ特撮ソングのみ、
片山翔クンやアンダーソンとギターで絡む、みんな入り乱れてセッションな感じ。
朝まで話し込む、酔ったツヨシは相変わらずうるさウザいわ。

7月、連日35℃を超え40℃に届きそうな日々。
25日にcoolfool 。競演はレフティたかひろ、キャリー音、ブルドッグス。
オレ最年長、若者達のある意味一途さみたいなのを猛烈に感じた夜。
緩急が~なんて思ってしまうのはオッサンなんだよな、こういうのだんだん増えてくるんだろうな。
終演後たかちゃんとギター持って遊ぶ、その後確か一人で前飯に行った。

6月、27~8日にcoolfool さよならカンパニー企画であやしげ、ヤング、片山翔、小此木、西ヤン、
チエちゃん等々朝まで出演多数。オレはトップバッターだったっけ? さとにぃちゃんにギターで入ってもらった。

6月7日、虫の音がライヴ営業をお休みするとの事で区切りにやろうよ、と言ったのはオレ(笑)
やってみたら20組参加というなかなか壮絶な日だった。色々あったけどチエちゃんにギターで参加したのを
猛烈に覚えている、アレは気持ちいい演奏だったなぁ。
そうそう、この帰り道で再発売されたぺヤングを入手したんだ。
http://green.ap.teacup.com/mattibako/930.html

5月、23日にcoolfool。競演に田中眞紀子さん、 yO’ceans、ねこちゃづけ。
この日は何をやったっけ?マッキーがとても朗らかなステージを展開していてとても嬉しく観ていたのを
覚えている、変化とか進化じゃなくてもう貫禄だった。オレは確か洋一さんトコにも御邪魔させていただいた。

5月4日、チバ大三さんのお世話になって神戸一番星食堂で歌わせていただいた。
初めて神戸でのライヴ、弦がバンバン切れて最後はボディ叩いて歌ってた。
初めての場所で聴くチバさんの演奏がまた素晴らしかった、まさに道だなって。
ファミレスで朝まで話し込み始発で帰路へ、毎度思うが遠征というのは着いてすぐ現場で
終わればすぐ帰り道でそれほどその街を堪能出来ないなぁと(苦笑)。

5月2日、ぐんまフラワーパークで浜田正さん主催の春まつり、3年目3回目だったかな。
定着しつつあるトップバッターで県歌をうたう。世界放浪してた金丸文武くんに久しぶりに会った、
相変わらず元気そうで嬉しかったな。

さて、こんなとこで疲れてきたので気まぐれ振り返りブログ、これにて。
[PR]
by ko_roughmix | 2015-09-24 01:04 | 音楽のこと
<< 前橋COOLFOOL 2016... ライヴ告知  2014年5~6月 >>