「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

2010 5/29 足利GOKURAKU-YA

足利市 「GOKURAKU-YA」

~アコナイジャック両毛地下集会vol.3~

午後、既に足利入りしていたミウラ氏、cota氏と合流。
一寸音出したい、というわけで渡良瀬の河川敷駐車場へ。
思いついて5分後にはそれなりにウォーミングアップ出来る場所が確保出来てしまう
足利という町の便利さを実感、、河原が近いっていいねぇ~。

会場のGOKURAKU-YAに移動、屯してると並木氏、河内氏、檸檬、マスターも到着。
リハがはじまる頃には足利氏、イカさんと出演者もほぼ揃う。
毎回恒例で基本的にオレが卓担当になっているのだが
今回は妙にPA機器の応答が良かった、、機材的に前と同じだと思うんだけど、ハテ?。
そんなこんなでアコナイジャック3回目、スタート。
f0059716_10362525.jpg


■アライコウジ
これも恒例の1番手、先頃入手したTC-HELICONのハーモナイザー投入。
後で感想を頂いたが、毎度のガツーンを期待している聴き手にはデジタリックな
ハーモニーに違和感もあるらしい。実際、オーバーロードとメロディに注意しながら
歌う部分が多くなっているので、そういった感想は間違いじゃないな。
うたを歌う、という意味では吠え過ぎリミッターとして有効かもしれんけど 笑。
ライヴ自体はここの空気やお客さんにとても力を貰ったし、すごく楽しめた。

f0059716_10364169.jpg


■並木一欣
競演は2度目、ダーティでシリアスな姿勢が基調になっているんだけど
(音響的にもこの日一番ドライだった)、一寸したユーモアを
挟んで客席を徐々に融合させていく、正直すげぇよかったなぁ。
またこの夜、入れ替え時BGMに彼のCDを使わせていただいた。
(帰ってから"♪見つめて~"が頭で廻ってる人多いんじゃない? オレもだけど)
f0059716_10365687.jpg


●ミウラカズヒト(+cota +アライ)
(色んなトコで違う呼ばれ方をしているのだが某SNSプロフでこの名前なので使わせて貰おう)
大阪から飛び入り参戦。何だかんだ8、9年程になる付き合い、当時彼が作った「二人の時間」
という曲はネットを駆使して活動していた一部のアマチュアミュージシャンに相当支持されていた。
で、その曲を3人で、、演奏は不安定だった(すまん笑) けど、とても楽しかった。
f0059716_1037958.jpg


■cota (+ミウラ +1曲のみアライ)
群馬にいた時期もあるが今回は佐渡より参戦。 現代的でもあり、ロッカー的でもあり、
ギタープレイにホビー的な要素も感じられる。ハープとコーラスにミウラ氏を擁し、
緊張感を振り切る様に振り絞って歌ってたのが印象的だったね。
歌に関してはスタイル云々より、もともと素直に歌うタイプの人だったので
いわゆる「劇情型」演者達の刺激がこれからどうリアルに彼に作用していくか、
単純に楽しみだったりするオレです。
f0059716_10372293.jpg


■河内伴理
ワクワクと緊張感がここまで交錯したまま持続出来るモンなんだなと改めて教えられた
ステージ、卓弄ってる手からビリビリ伝わって来たよ。そういえば一寸前から思ってたんだけど、
MCでメガネを上手く使ってるね、細かいけれどあんなスイッチな動作って良いよね。
ラストはオフマイクで客席にへたり込んで熱唄、カッコよかったぜ。
f0059716_1037379.jpg


■足利みちろう
河内氏と並んで第1回からの皆勤賞であります(ミノル先輩もね)。
演奏の安定感は周知の通りだが、今回は(即興に近い?)オリジナルを絡めて
より観る側との一体感があった。ラストには"M・K・D"としてバンドスタイルも披露してくれた。
遠藤ミチロウ氏を聴いた事が無い人が「聴いてみたくなった」と話していたよ、嬉しいね。
f0059716_1037511.jpg


●れ檸も檬ん
ラス前の飛び入り参戦、3曲程だったが、毎度独特の毒入りホンワカ節で客席に
漂う楽しい空気を保ったまま上手く繋げてくれた。
f0059716_1038524.jpg



■イカBAND
この前日にもリハをこの場で行っていたらしく、セッティング等々は決まっていた様子
だったのでようやく客席で一服しながらのんびり楽しめた。イカさんも既にヨイヨイ状態で
溶けそうな笑顔で演奏していた、MCが面白くてね、オレ笑いっぱなしでした。
BANDの皆さん演奏力高いね~。
f0059716_10382465.jpg


□終演後
f0059716_10383667.jpg

「おつかれーーーーーーーー!!!」
f0059716_10385046.jpg


○更に深夜のセッション。 ドラマー河内伴理っ!!
f0059716_1039222.jpg


解散後、店に残った始発待ちの遠方組とマスターと談笑
裏手にある銭湯の話で大いに盛り上がる気がついたら始発どころか
6時半過ぎ、、、慌ててミウラ氏を駅まで送り、cota氏も帰路の駅に送り
ヘロヘロになって帰ってきた。無論その後爆睡。
しかしこれを書くにあたって参ったのは「楽しかった」が強烈過ぎて記憶を
ホジクリ返すのがメタクタ大変だった。
とにかく無事終わってホッとしたね、参加の皆様ありがとう、また次回よろしくです。

関連リンク:足利みちろうひとりトリビュ~ト
[PR]
by ko_roughmix | 2010-06-01 10:39 | 音楽のこと