「ほっ」と。キャンペーン

2009 12/12 前橋CoolFool

賑やかな若人な夜。
f0059716_18231100.jpg

■細野晴規 よくケニーズでやってるらしい、以前会った事があったようだ。
f0059716_1822325.jpg

■重兵衛 さすが貫禄でしたな、気持ちよく聴かせて貰いました。
f0059716_18231166.jpg

■The B♪ack Berrys +高橋俊 演奏を楽しんでる感触に懐かしさを覚えながら聴いた。
f0059716_1823202.jpg

■アライコウジ どうなんですか? いつもどーりです。
フルアコ持っていったがやはり使わず、まだチゲェな、もうちょいツメないと使い物になんね。
f0059716_18232971.jpg

■The シュークリームズ +かずき  クリスマスパーティですからアリです かわいらし。
f0059716_18233944.jpg

[PR]
# by ko_roughmix | 2009-12-13 18:24 | 音楽のこと

2009 11/21 前橋CoolFool

■片山翔  過渡期街道まっしぐら
f0059716_6235557.jpg


■みつお 群馬路上の香り とことんモテモテになってしまえ
f0059716_6241770.jpg


■変身忍者Ф佐藤豪  2年半ぶり? ギターに魂乗ってた カッコいいぜ!
f0059716_6243722.jpg


■アライコウジ 燃料貰って吠えた
f0059716_6245488.jpg

[PR]
# by ko_roughmix | 2009-11-22 06:25 | 音楽のこと

2009 10/31 前橋CoolFool


■マッスル吉田
今回で2回目だったかな。名前の通り、ゴリッと輪郭がクッキリした演奏をします。
リハを「アップ」と呼ぶトコがミソ。
f0059716_10414170.jpg

■miti
曲を押し出す姿勢と源との間、毎回色んな風景を見せてくれます。
近年グッとくる良い曲が多いです。
f0059716_10415567.jpg

■並木一欣
初めてなんだけど話してみると前から知っているような感覚なんだよなぁ。
真摯でシリアスな印象、でも曲を聴いてるとポップさもあったりと
まだまだ何か出て来そうです。
f0059716_1042996.jpg

■アライコウジ
良いのか悪いのか自ら仕掛けた罠に順調に嵌っている。
こうあるべき、とか思うまではなんでもやってみるわぁ。
f0059716_10422123.jpg

●終演後
この日はマスター佐藤氏の誕生日
虫の音でのライヴ組も合流、皆でケーキ。
f0059716_10441665.jpg

●マッスルジャム
f0059716_10442892.jpg

[PR]
# by ko_roughmix | 2009-11-03 10:44 | 音楽のこと

10/24 足利GOKURAKU-YA アコースティックナイト

「アコナイジャック両毛地下集会vol.2」
参加の皆様おつかれさまでした。
出演者のご協力のおかげで進行も順調、和やかな中にもグッと
締まった感のある演奏、とても良かったです。
このユルシメのバランス感はこれからオレにとって良い収穫だなぁ。
ありがとうございました。

今回アンダーソンは遠征が響いたのか、体調不良で参加出来なかった。
また呼ぶよ、海無し県は群馬だけじゃないし。
要はオレの聴かせたがりなのだ、ヤクルトレディとか街中で見かける
たび聴かせてやりたいと思ってしまう 笑。
当日前後して河内伴理氏から連絡が入る、
で、東京から野呂善蔵氏を連れてきてくれた。
(この前日都内でライヴがありそのまま野呂宅に泊まっていたらしい)
その野呂氏も普段は物静かな方なので敢えて尋ねはしなかったけれど、
察するにアンダーソンに会いたかったのではないかなぁとも思ったのだが。

終演後ソルティ氏達と話していて今月はやたらライヴの予定が多い
という、、そう言えば月一で充分グットバランスだぜ、なオレも今月は
3本、芸術の秋というが皆さんこの時期は忙しいようだ。
洋一さんも演奏終わって早々ソファに撃沈してたし。

さて、これも1つのライヴイベントではあるけれど、ひたすらに楽しむ人、
何か区切りを意識する人、戦っている人、、、様々だ。
そんなのが1つの場所でゴッツンコする、そして何にせよ次が生まれる。
とても当たり前な事なんだけど。

それでいい、それがいい、と思いたい今日この頃です。


なので、だから、また会おう、とも思う。
(以上mixiより転記)

■アライコウジ
f0059716_22461050.jpg

■足利みちろう
f0059716_22462245.jpg

■れ檸も檬ん
f0059716_22463474.jpg

■河内伴理
f0059716_22464876.jpg

■野呂善蔵
f0059716_2247026.jpg

■アブノーマルジェネレーション
f0059716_22471664.jpg

■はやす
f0059716_22473173.jpg

■yOCEAN'S
f0059716_22474851.jpg

■イカバンド
f0059716_224848.jpg


自分で言うのも何だがとても良いイベントになってきてる感触だ。
色んな表現はあるけどやっぱり根底にある"うた"が聴きたいし、幸いそうして頂いている。
これからも半年に一度くらいな間隔でね、じっくり育てていきたいなぁ。
マスターにうっちーさん、イカさん、またお世話になります。

関連リンク:アブノーマルジェネレーション「アコアイジャック2」

足利みちろうひとりトリビュ~ト 「アコナイ・ジャック地下集会vol.2」  ライブ
[PR]
# by ko_roughmix | 2009-10-25 22:48 | 音楽のこと

2009 10/11 虫の音紅葉音楽会

チバ大三/アンダーソン共同企画

■チバ大三
f0059716_133580.jpg

■川上テルヒサ
f0059716_1332038.jpg

■アライコウジ
f0059716_1333759.jpg

■青木タカオ
f0059716_1334916.jpg

■大谷氏
f0059716_134030.jpg

■とっちゃん
f0059716_1341057.jpg

■田中眞紀子 (g:山崎怠雅)
f0059716_1342219.jpg

■ベルノースサウザンハウス
f0059716_134353.jpg

■ 山崎怠雅
f0059716_1381015.jpg

■青木研治
f0059716_1353146.jpg

■れ檸も檬ん
f0059716_1354472.jpg

■はやす
f0059716_1355433.jpg

■河内伴理 (p:田中眞紀子 g:山崎怠雅)
f0059716_136651.jpg

■アンダーソン
f0059716_1361623.jpg


●これでもか!
f0059716_1363169.jpg


さて、数ヶ月経って漸くキーを叩いてるわけですが、
ホントにねぇ、濃くて楽しくてだーれもレポ書けね、書く気がおきね、そんな感じの痛烈な夜でしたね 苦笑。
大谷さんのキチガイスラッガーはとても記憶に残ってるし、のっけの3連吠え男とか
マッキーの曲で合唱とか、タイガ君弾きまくリンとか、アオケン氏がロックだったとか、
やたらゴージャスな伴理ちゃんの演奏とか、れもんにやっつけられたとか、、
思い出してもまだお腹膨れてくるな...。

タイムリーに記事を書いたのはアンダーソンくらいかなぁ、冷静というか(参加した人ならきっと理解る)
毎度流石だよ。↓これね。
関連リンク:アンダーソンブログ 怒涛の週末・秋の収穫祭2(虫の音紅葉音楽会編)
[PR]
# by ko_roughmix | 2009-10-13 01:41 | 音楽のこと

2009 9/20 前橋CoolFool

■scarecrow
ブルース弾き語り、ドブロギターの音のデカさにビックリ。
PAは通さず生で充分響き渡っていた。
f0059716_13383770.jpg

■MaRizz
ガールポップユニット、otoya氏のギターがプロデューサー的というか
全体をかなりリードしてるのが印象的だった、音に出るんだね。
f0059716_1338514.jpg

■Jimmy Comeau
大判小判エレキバージョン。今回はサンプラーも使ってた、会う度どんどん機材が増えていく。
f0059716_1339413.jpg

■アライコウジ
自分で作っておきながらナンだが、こんな風に歌えるモンなんだなァ
反対側から見てるオレが、確かにいた。 良いか悪いか今は解らないけど。
f0059716_13391718.jpg

■独酔舎
プレイの丁寧さから幸せなフォークなのかなと思って見てたらいやいやいや..
芯というのかな..強く硬いモノがバンバンぶつかって来た。じっくりと熱かったなぁ。
素晴らしい演奏だった。
f0059716_1339301.jpg


この夜、、なんと12時前に終演!流れで撤収も早め、、、、これはこれで調子狂う?
帰り道は前飯ではなく、50号沿いの"ばりきや"へ、、普通にうまい。
が、オレはそれでも前飯が好きだ。
[PR]
# by ko_roughmix | 2009-09-21 13:39 | 音楽のこと

2009 8/15 前橋CoolFool


■布川圭子
スリムになって落ち着いた大人の女性という雰囲気、一曲ごととても丁寧に演奏していました。
話してみるととても気さくで面白いおねぇちゃんなのです、イェイ。
f0059716_4123963.jpg

■アライコウジ
Coolfoolではここ数回大人しく演奏していたのでオレ開放。少し大袈裟な緩急だったかな、、
しかしやりたい事はだいぶ出来たね。
f0059716_4125887.jpg

saxにタク氏を迎えて即興とカナリア、これまたアヴァンギャルドさ倍増でとても気持ちイイ。
先日のHOBOけいすけ氏に続いて素晴らしい吹きモノ師に恵まれている、有難い事だ。
f0059716_413859.jpg

■TOM 岡田勉
彼是長い付き合いになる彼だがここでは初競演、色んな意味で歩き出したという印象。
ぶっきらぼうに見えて凄く優しいヤツなのだ。だからもっと音楽に我侭でいいんだろう、お互いね。
f0059716_4132079.jpg

■アンダーソン
先日の虫の音ライヴにこの前日のバーベーキュー、、なんだかんだと毎回顔を合わせている様
に思うんだけど 笑。

この夜のアンダーソンの演奏は実に良かった、突進しながらもウネリが生きているというか。
本人は「いつも通り、、いやむしろ荒かったかな」なんて話してたけど演奏も立ち回りも
やっぱ流石だなと思わせる、こういうのを貫禄というのだろう。
アンコールでは久々の"カンガルーの~"も演奏してくれた。
f0059716_4133493.jpg

●よこいみなか(飛び入り)
12月から2年程日本を離れる為しばらく彼女の歌も聴けなくなる。
2年後、どんな歌を引っさげて帰って来るか楽しみなのだ。
その頃オレがキラキラ系だったら大笑いだが。。
f0059716_413453.jpg


終演後 よこちんと。
f0059716_18182398.jpg

[PR]
# by ko_roughmix | 2009-08-16 04:13 | 音楽のこと

2009 8/8 喫茶虫の音 1周年記念ライヴ

少し早めに到着すると店主のチエちゃんが店先を掃除してた。
2年目を迎える喫茶虫の音、一周年記念ライヴである。
アレは昨年、初めて虫の音に行った時の事、、白く塗られた壁が激しく眩しく
あぁ、こんな場所で絶叫などあってはならない、この壁がどんよりと
薄汚くなるまでオレは出れないよ、、と冗談交じりとはいえ半ば本気で話していたので
このお話をいただいた時、有難いのと同時に一寸、、、弱気になった 笑。
とはいえ、ダークさを持つ演奏家のライヴ時などは垂れ幕を茶色にしたり
そうしたイメージ作りにも抜かりはない虫の音である、きっとオレでもダイジョーブさ!
...と、思っていたら「うわわわ、、、しろいっ! しろいよっ!!!」
さらに万国旗、手作りの紙花たち、、、プレッシャーであった。
PAを操るのはアンダーソン、談笑しながらリハに入る、音がすぐ決まる、流石だね。

■モジョリズム 
富山から来た4人組、安定した演奏にフルートの音色が清々しくて気持ちいい。
f0059716_14215457.jpg

■片山翔
今夜の最年少、最近の彼は困惑しながらも逃げないとこがとてもいいんだよな。
f0059716_14221392.jpg

■ベルノースサウザンハウス
同人漫画家でもある彼の歌は難解さもあるが爆発していた、見た目が何処となく浦沢直樹だったなぁ。
f0059716_14222715.jpg

■れ檸も檬ん
ここでは先輩である。もっていったねー、客席ごといい空気作ってた。正直やられた 笑。
f0059716_14224145.jpg

■アライコウジ
幸い眩しい飾り付けは演奏者からは見えないので集中して演奏できたよ。
f0059716_14225693.jpg

ハープにHOBO氏を迎えて、打ち合わせもなかったけど、考えていたイメージを
凄く理解していてくれて何と言うか、戦えた。 嬉しい演奏だった。
f0059716_14231179.jpg

■HOBOけいすけ
名古屋から各地をツアーという事だ。ガット弦と35本のハープ、聴かせドコロを押さえた心ある演奏だった。
f0059716_14232736.jpg

■岡田広司
本日のトリ、リハの時点ではこの付近で仕事中だったようです。
赤城山に2年目の「恋歌」が響いた。
f0059716_14234361.jpg

●アンダーソン(飛び入り)
リクエストに応えて登場。いつもよりノビノビ歌ってた様な気がしたなぁ。
ラストにHOBO氏とオレも混ざって「日本の夏」これが聴きたくてね。
f0059716_14241579.jpg


終演後もチエちゃんの料理を囲んでワイワイと深夜まで宴は続いた。
1周年おめでとう、また寄らせていただきます。
[PR]
# by ko_roughmix | 2009-08-09 14:25 | 音楽のこと

2009 7/19 前橋CoolFool

この前日は桐生駅「ゆい」で若者達と演奏、その感触もあって
リラックスした気分を持って前橋へ。

■アライコウジ
ここんとこ最初か最後の男(笑)、らしいのでトップバッター志願。
かなり押さえた耳にやさしいアライコウジをやってみた、たまにはいいでしょう、ね。
f0059716_3262667.jpg

■ジョージ
浜田氏から譲り受けたギブソンをかき鳴らし、太田弾き語りの持つ朗らかな風を吹かせた。
歌もうまいよ、オレとは同業で共感出来るワードも多くて楽しかった。
f0059716_3264967.jpg

■天野貴一(ブルースロマン)
普段はバンドでの活動らしいが今回はソロで、即興での言葉の滝が素晴らしい、
いちいちグッとくる。しかしほんと面白い男です、また観たいなぁ。
f0059716_3271054.jpg

■miti
新曲が増えてそう感じるのかな、ここ数回観る度に突き破り感が強く伝わってくる
しかし簡単には壊れてしまわないトコがミソ。勿論演奏の安定感はピカイチ、アンコールまで
一気に楽しませていただきました。
f0059716_3273333.jpg


終演後
■アンダーソン
天野氏のエレアコで。「8月9日」を聴いて あぁ、夏なんだな、とか実家の仏壇の線香の匂いとか、
TVから流れる高校野球の音とか、、そういうのが蘇るオレはやはりそういうことなのだろう。
f0059716_3381763.jpg


■アンダーソン、天野貴一(ブルースロマン)、佐藤アツシ(店主)、アライコウジ
アツシさんのオーダー?で 笑。 フロント3人は同学年、、のせいか
妙にハマった、ジャムというよりバンドな印象だったなぁ。
f0059716_3275312.jpg


         "CoolFoolの 夜は更けて"
f0059716_3383389.jpg

           ここでも天野節炸裂 ...あぁ楽し。

●きょうのわんこ
虫の音ママに抱かれてイイコにしてる天野家のわんこ。
タマアニィは山王ホールで飛び入りしてきたようだ。
(あ、アブジェネCD発売中です、Coolfoolで買えます)
f0059716_339054.jpg



無論今回も"どんだけ好きなんだ"前飯へ、冷やしつけ麺。
おばちゃんは「あいよ、あいよ。」と今日もそそくさ元気。

Coolfoolへ戻る道、前橋の夜風が気持ちイイ...イイねぇ、夏だねぇ。
[PR]
# by ko_roughmix | 2009-07-20 03:30 | 音楽のこと

独唱パンクvol.108~前橋編vol.7~


2009年 7月4日
群馬・前橋COOL FOOL

■片山翔
最近とってもナイスガイになった彼。以前観た時は座りでやってたけど
こうして立ちの方が断然良かった、爆発というより引き込んでいく感触。
f0059716_624457.jpg

■さばいばるいとう
1度でもご覧になった事がある方にはよくご理解いただけると思うのですが、
さばいばるいとうは今夜もさばいばるいとうなのだ、毎回体温高いステージ。
f0059716_63665.jpg

■青木研治
ボイスオンリーのパフォーマーを観るとどこか実験臭があったりするのだけど
彼の場合はそんなものは微塵も感じない、とても完成されていて素晴らしかった。
f0059716_632488.jpg

■チバ大三(主宰)
前橋では初めて聴く曲が多く新曲ラッシュな印象。張り手やジョォォ~など
ライヴならではの魅せ方も忘れない。曲が生まれるまでは己自身、そこから先は
曲を演じる役者になるのかもしれない、そんな想像をいつもくれる人だ。
f0059716_635389.jpg

■カルカンエコー
ゴスなドレスを纏い、 それこそ何人の人格がそこにあるの?という歌をうたう人。
1曲の中に子供もいれば淑女もいる、ナイロン弦の響きに乗せて独特の世界を広げていた。
f0059716_641392.jpg

■アライコウジ
飛び入りと聞いていたような気もしていたが、一応トリ、ということに。
うへぇ、、折角の独パンなんだから告知させておくれよ 笑。 
じっくり歌ってみた、それでもこの旗のプレッシャーは毎度凄い。
f0059716_642939.jpg


■サトチエ
ここから飛び入りタイム、カルカンエコーさんのギターでとてもバランスよく演奏してたし
聴いててとても気持ちよかった。素直に感動させてしまう歌は、密かに群馬最強だとオレは思っている。
f0059716_644642.jpg

■アンダーソン
酔っ払いのトコロを無理に引っ張り出して一曲、でもみんな聴きたいのさ。
f0059716_65382.jpg

●終演後
戦いの後にだけ笑ってくれる旗の前で。
f0059716_652193.jpg


この後、赤城にある「虫の音」に移動。
夏合宿みたいなね、いい時間を過ごしたな。
朝6時頃解散。
麓の国道で清々しい空気を感じて気持ちよく帰った。

もう朝6時だ家を探さなくちゃ、なんて歌があったなぁ。


レポ■前橋独パンvol.7 終了!(チバ大三Diary:ツチノコの唄)

レポ■前橋独パンの夜は更けて(アンダーソンブログ:不思議な袋の夕べ)


ライヴ動画 YOUTUBE 01 02
[PR]
# by ko_roughmix | 2009-07-06 06:05 | 音楽のこと